ユニバーサルドライバー研修/よくある質問 Q&A

1.ユニバーサルドライバー研修に関して

「ユニバーサルドライバー研修」の目的、対象者について教えてください。

UD研修は、高齢者や障がい者等の特性を理解して、適切な接遇・介助を行うことにより、安心して乗れるタクシーとしての信頼を得ることを目的としています。
受講対象は、一般財団法人全国福祉輸送サービス協会及び一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会会員の会社等に所属するタクシー乗務員並びに個人タクシー事業者となっています。

「ユニバーサルドライバー研修」の内容・時間などについて教えてください。

ユニバーサル社会におけるタクシーの役割や、コミュニケーションの大切さ、高齢者や障がいのあるお客様の理解と介助方法、車いすの取り扱い方などについて学びます。
講義には、ビデオ映像も活用し、グループディスカッションや実技など参加体験型の研修で、7時間で学ぶカリキュラムとなっています。

タクシー乗務員に「ユニバーサルドライバー研修」の受講を呼びかけるときの“キャッチフレース”を教えてください。

日本がこれから迎える超高齢化社会では、高齢者、障がい者、妊婦といった移動制約者の特性を理解して適切な接遇と介助を行うことは、タクシーが外出の移動手段として大切な役割を果たすために欠かすことができません。
国土交通省が平成27年に開催したタクシー事業のあり方検討会においても、UD研修の受講推進が人材育成の面から必要とされ、安心してご利用いただけるタクシー事業にするためにも、全てのタクシー乗務員に受講して欲しい研修です。
なお、東京においては(公財)東京タクシーセンターにおいて、平成26年度以降の新任乗務員はUD研修を必ず受講することとなっています。

研修カリキュラムの概要を教えてください。

UD研修のカリキュラムの構成は、序章、1章から4章までの5章立てとなっています。
・「序章-タクシーが支えるこれからのバリアフリー」では、大量輸送機関ではないタクシーの公共交通機関としての役割について学びます。
・「第1章―タクシーとユニバーサル社会」では、タクシーバリアフリー化の現状とタクシーがユニバーサル社会で果たす役割について学びます。
・「第2章-お客様とのコミュニケーション」では、高齢者や障がい者などとのコミュニケーションの取り方について学びます。
・「第3章-お客さまの理解と接遇・介助方法]では、高齢者、認知症者、肢体不自由者に加え、各種の障がいのある方々の特性を理解し、接遇・介助する上で留意すべき点について学びます。
・「第4章―車いすの取り扱い方と乗車、降車」では、車いすのトランク等への収納の仕方などについて実技を交えて学びます。
その他、乗務員の健康管理、緊急時の対応、感染症予防等についても学びます。

A.UD研修は、高齢者や障がい者等の特性を理解して、適切な接遇・介助を行うことにより、安心して乗れるタクシーとしての信頼を得ることを目的としています。
受講対象は、一般財団法人全国福祉輸送サービス協会及び一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会会員の会社等に所属するタクシー乗務員並びに個人タクシー事業者となっています。

A.ユニバーサル社会におけるタクシーの役割や、コミュニケーションの大切さ、高齢者や障がいのあるお客様の理解と介助方法、車いすの取り扱い方などについて学びます。
講義には、ビデオ映像も活用し、グループディスカッションや実技など参加体験型の研修で、7時間で学ぶカリキュラムとなっています。

A.日本がこれから迎える超高齢化社会では、高齢者、障がい者、妊婦といった移動制約者の特性を理解して適切な接遇と介助を行うことは、タクシーが外出の移動手段として大切な役割を果たすために欠かすことができません。
国土交通省が平成27年に開催したタクシー事業のあり方検討会においても、UD研修の受講推進が人材育成の面から必要とされ、安心してご利用いただけるタクシー事業にするためにも、全てのタクシー乗務員に受講して欲しい研修です。
なお、東京においては(公財)東京タクシーセンターにおいて、平成26年度以降の新任乗務員はUD研修を必ず受講することとなっています。

A.UD研修のカリキュラムの構成は、序章、1章から4章までの5章立てとなっています。
・「序章-タクシーが支えるこれからのバリアフリー」では、大量輸送機関ではないタクシーの公共交通機関としての役割について学びます。
・「第1章―タクシーとユニバーサル社会」では、タクシーバリアフリー化の現状とタクシーがユニバーサル社会で果たす役割について学びます。
・「第2章-お客様とのコミュニケーション」では、高齢者や障がい者などとのコミュニケーションの取り方について学びます。
・「第3章-お客さまの理解と接遇・介助方法]では、高齢者、認知症者、肢体不自由者に加え、各種の障がいのある方々の特性を理解し、接遇・介助する上で留意すべき点について学びます。
・「第4章―車いすの取り扱い方と乗車、降車」では、車いすのトランク等への収納の仕方などについて実技を交えて学びます。
その他、乗務員の健康管理、緊急時の対応、感染症予防等についても学びます。

2.実施機関の認証申請に関して

「ユニバーサルドライバー研修」を実施するにはどのような手続きが必要ですか。

「UD研修推進実行委員会」の認証を受けて実施機関となることで、研修を実施することが可能です。認証を受けるためには、本ホームページの「UD研修を実施するには」のページの認証申請フォームから申請することが可能です。

(ユニドラ研修の)実施機関の申請様式の入手方法は? また、費用はいくら(有償)でしょうか。

UD研修実施機関としての認証にかかる申請は一度だけ行っていただければ、2回目以降の開催についての認証申請は不要です。

実施機関の申請書の送付は、メールやFAXでも可能でしょうか。

実施機関の認証申請は、メール、FAX、郵送でも可能です。

A.「UD研修推進実行委員会」の認証を受けて実施機関となることで、研修を実施することが可能です。認証を受けるためには、本ホームページの「UD研修を実施するには」のページの認証申請フォームから申請することが可能です。

A.UD研修実施機関としての認証にかかる申請は一度だけ行っていただければ、2回目以降の開催についての認証申請は不要です。

A.実施機関の認証申請は、メール、FAX、郵送でも可能です。

3.研修費用等に関して

ユニバーサルドライバー研修の受講料はいくらかかりますか。

UD研修の受講料は実施機関が独自に設定します研修に使用するテキスト、時間割、チェックシート、ディスカッション資料、アンケート、保険の案内、研修用DVDの七つ道具に研修修了者のカード型修了証を加えた8種類一式につき、UD研修管理費として一人あたり税別3,000円必要になり、これに会場使用料、昼食代、保険料等の付帯する費用を加算して実施機関ごとに設定しています。

A.UD研修の受講料は実施機関が独自に設定します研修に使用するテキスト、時間割、チェックシート、ディスカッション資料、アンケート、保険の案内、研修用DVDの七つ道具に研修修了者のカード型修了証を加えた8種類一式につき、UD研修管理費として一人あたり税別3,000円必要になり、これに会場使用料、昼食代、保険料等の付帯する費用を加算して実施機関ごとに設定しています。

4.研修の運営方法等に関して

研修を行う講師はどのような資格が必要ですか

研修を行う講師について、序章、第1章、第2章を担当するためのA資格、第3章、第4章を担当するためのB資格に分けて考えています。それぞれの資格を有すると認められる者は以下のとおりです。
<A資格>
① 一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会ケア輸送委員会の委員
② 一般財団法人全国福祉輸送サービス協会の役員等
③ 訪問介護事業所等の指定を受けたタクシー事業者(責任者)
④ 各県タクシー協会専務理事又は同等の職にある者
⑤ タクシーセンター等乗務員研修機関において乗務員研修の講師経験がある者
⑥ 以上と同等と認められる者
※⑥の同等と認められる者とは「タクシー事業関係者であって、講師養成講座を修了した者」
<B資格>
① 看護師
② 社会福祉士(テキスト第3章に限る)
③ 介護福祉士
④ 理学療法士(テキスト第4章に限る)
⑤ 作業療法士(テキスト第4章に限る)
⑥ 以上と同等と認められる者
※1.⑥の同等と認められる者とは、「実務経験が3年以上のケア輸送士又はヘルパー二級(以上の)<介護職員初任者研修修了>資格がある者で、講師養成講座を修了した者」
※2.⑥の同等と認められる者とは、「継続して3年以上のタクシー乗務員研修の講師経験がある者で、講師養成講座を修了した者」
A資格、B資格ともに役職、資格によっては、講師養成講座を受講しなくとも講師ができる制度
になっていますが、具体的な指導内容、時間配分や講義での注意点等に関して学べる講師養成講座の受講をお奨めしています。
なお、研修講師養成講座は、UD研修推進実行委員会事務局が年間3回程度東京において開催しています。

ユニバーサルドライバー研修推進実行委員会では、講師の派遣、紹介はしていますか。

UD研修推進実行委員化事務局で、講師の派遣や紹介を行っています。講師の手配が困難な場合や講師に登録されている方が他の講師の研修を聴講して研鑽をつみたい場合などに利用してください。費用については事務局にご相談ください。

講師はテーマ別ごとに講師が必要なのでしょうか。

A資格、B資格ともにお持ちであれば、お一人で講義することは可能です。しかしながら1日7時間の講義時間を考えるとできるだけ複数の方で分担されることをお奨めします。

受講生は、何人揃えば研修が可能でしょうか。

必ずしも、何人以上でなければならないという決まりはありません。しかし、グループディスカッションのように、1グループ5人から7人程度で実施することを奨めている授業もあることから、少なくとも5~7人くらいはいたほうが実施し易く、受講生の理解も深まることになります。

研修テキストや同DVDだけの購入は可能でしょうか。

講師養成をお考えのタクシー事業者や、協会等が教科書を購入して検討すること等を考慮して、テキストのみの販売も実施しています。
因みにテキストのみの販売では税別で2,000円、DVDだけでは税別500円です。

研修テキストがあれば、自分たちで自由(勝手)に研修を行なっても構わないのですか。

実施機関としての認証を受けずに、法人等が独自に実施している研修は、実行委員会が認めたものではないことから、UD研修の修了者とは認められず、UD研修修了証は発行しません。一部の地域ではUD研修を観光ガイド検定の資格要件としているところがありますが、その資格要件に該当しないこととなります。

A.研修を行う講師について、序章、第1章、第2章を担当するためのA資格、第3章、第4章を担当するためのB資格に分けて考えています。それぞれの資格を有すると認められる者は以下のとおりです。
<A資格>
① 一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会ケア輸送委員会の委員
② 一般財団法人全国福祉輸送サービス協会の役員等
③ 訪問介護事業所等の指定を受けたタクシー事業者(責任者)
④ 各県タクシー協会専務理事又は同等の職にある者
⑤ タクシーセンター等乗務員研修機関において乗務員研修の講師経験がある者
⑥ 以上と同等と認められる者
※⑥の同等と認められる者とは「タクシー事業関係者であって、講師養成講座を修了した者」
<B資格>
① 看護師
② 社会福祉士(テキスト第3章に限る)
③ 介護福祉士
④ 理学療法士(テキスト第4章に限る)
⑤ 作業療法士(テキスト第4章に限る)
⑥ 以上と同等と認められる者
※1.⑥の同等と認められる者とは、「実務経験が3年以上のケア輸送士又はヘルパー二級(以上の)<介護職員初任者研修修了>資格がある者で、講師養成講座を修了した者」
※2.⑥の同等と認められる者とは、「継続して3年以上のタクシー乗務員研修の講師経験がある者で、講師養成講座を修了した者」
A資格、B資格ともに役職、資格によっては、講師養成講座を受講しなくとも講師ができる制度
になっていますが、具体的な指導内容、時間配分や講義での注意点等に関して学べる講師養成講座の受講をお奨めしています。
なお、研修講師養成講座は、UD研修推進実行委員会事務局が年間3回程度東京において開催しています。

A.UD研修推進実行委員化事務局で、講師の派遣や紹介を行っています。講師の手配が困難な場合や講師に登録されている方が他の講師の研修を聴講して研鑽をつみたい場合などに利用してください。費用については事務局にご相談ください。

A.A資格、B資格ともにお持ちであれば、お一人で講義することは可能です。しかしながら1日7時間の講義時間を考えるとできるだけ複数の方で分担されることをお奨めします。

A.必ずしも、何人以上でなければならないという決まりはありません。しかし、グループディスカッションのように、1グループ5人から7人程度で実施することを奨めている授業もあることから、少なくとも5~7人くらいはいたほうが実施し易く、受講生の理解も深まることになります。

A.講師養成をお考えのタクシー事業者や、協会等が教科書を購入して検討すること等を考慮して、テキストのみの販売も実施しています。
因みにテキストのみの販売では税別で2,000円、DVDだけでは税別500円です。

A.実施機関としての認証を受けずに、法人等が独自に実施している研修は、実行委員会が認めたものではないことから、UD研修の修了者とは認められず、UD研修修了証は発行しません。一部の地域ではUD研修を観光ガイド検定の資格要件としているところがありますが、その資格要件に該当しないこととなります。

5.研修終了後の対応に関して

研修修了時にはどのような手続きが必要ですか。

研修が修了したら、様式2のUD研修実施報告書、UD研修修了者名簿、研修アンケート、修了証用顔写真を実行委員会事務局である全福協まで送付してください。
事務局から、カード型修了証と研修管理費の請求書を郵送します。また、アンケートの集計結果についてはまとまり次第送付します。

「修了証」に添付する顔写真はどのように実行委員会事務局に送付すればよいのでしょうか。

顔写真については、修了証に直接印刷を行うことから、プリントした写真ではなく、写真のデータをCDやUSBメモリ等のメディアで送付してください。

「修了証」の有効期限はあるのでしょうか、また、紛失等した場合、再発行は可能ですか。

UD研修の修了証に有効期限の記載はありません。
紛失や、会社が替わったなどの理由により、修了証の再発行を希望される方には、再発行手数料、税別1,000円で実行委員会事務局で再発行を受け付けています。

研修修了者には、「ユニバーサルドライバー賠償責任保険」制度があると聞きましたが、その概要を教えてください。

実行委員会事務局である全福協が契約者となり、国内損害保険会社を保険者とする、交通事故以外の事故による損害賠償を補償する保険制度をもうけています。
この保険は、UD研修修了者だけが保険対象者となる保険で、保険加入者はUD研修を受けた乗務員の所属するタクシー会社です。
詳細はユニバーサルドライバー賠償責任保険の案内をご覧ください。

A.研修が修了したら、様式2のUD研修実施報告書、UD研修修了者名簿、研修アンケート、修了証用顔写真を実行委員会事務局である全福協まで送付してください。
事務局から、カード型修了証と研修管理費の請求書を郵送します。また、アンケートの集計結果についてはまとまり次第送付します。

A.顔写真については、修了証に直接印刷を行うことから、プリントした写真ではなく、写真のデータをCDやUSBメモリ等のメディアで送付してください。

A.UD研修の修了証に有効期限の記載はありません。
紛失や、会社が替わったなどの理由により、修了証の再発行を希望される方には、再発行手数料、税別1,000円で実行委員会事務局で再発行を受け付けています。

A.実行委員会事務局である全福協が契約者となり、国内損害保険会社を保険者とする、交通事故以外の事故による損害賠償を補償する保険制度をもうけています。
この保険は、UD研修修了者だけが保険対象者となる保険で、保険加入者はUD研修を受けた乗務員の所属するタクシー会社です。
詳細はユニバーサルドライバー賠償責任保険の案内をご覧ください。